稲盛塾長について

  • 資料請求はこちら
  • よくあるご質問

盛和塾東京ホーム > 稲盛塾長について

経歴

稲盛塾長

1932年、鹿児島市に生まれる。

1955年鹿児島大学工学部を卒業後、京都の碍子メーカーである松風工業に就職。
1959年4月、知人より出資を得て、資本金300万円で京都セラミツク株式会社(現京セラ株式会社)を設立し、社長、会長を経て、1997年から名誉会長を務める。

また1984年、電気通信事業の自由化に即応し、第二電電企画株式会社を設立し会長に就任。
2000年10月DDI(第二電電)、KDD、IDOの合併によりKDDI株式会社を設立し、名誉会長に就任。 2001年6月より最高顧問となる。

一方、1984年には私財を投じ稲盛財団を設立し、理事長に就任。同時に国際賞「京都賞」を創設し、毎年11月に人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。

他にもボランティアで、国内54塾+海外27塾、9,388人の若い経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として経営者の育成に心血を注ぐ。(2015.05.31現在)

公職としては京都商工会議所名誉会頭、スウェーデン王立科学技術アカデミー海外特別会員、ワシントン・カーネギー協会名誉理事、全米工学アカデミー海外会員等を務める。

また1997年には臨済宗妙心寺派円福寺にて得度を受け、各地で托鉢・辻説法も行っている。

稲盛塾長からのメッセージ

経営のコツとは次の三つの「経営の要諦」のことである。

  1. 従業員を自分に惚れ込ませ、一体感が持てるような人間関係をつくる
  2. 月次の損益計算書を次の月初の二、三日中に出し、月次の売上と経費を細かくチェック、問題があれば適切な改善の手をすぐ打つ
    ( 「売上を最大に、経費を最小に」 )
  3. フィロソフィーを全従業員で共有する(みんなが同じ判断基準を持つ)

経営とは、この三つのことを何年も何年も繰り返し、徹底していけば必ずうまくいく。
経営に悩み、学びに渇望する経営者が学ぶための“水のみ場”が盛和塾です。

  • 稲盛塾長刊行物のご案内
  • 動画配信中 稲盛和夫が語る「経営哲学」

ページのトップへ戻る